DSとEXの価格差はどこから来ますか?

最近、ムラマツフルートの価格が改定されました。
税込み販売価格は、DSCCEが約78万円、EXCCE29万円。
価格差は49万円ですが、管体の材料費は、DSのほうがわずか1万数千円、多く見て2万円高いだけです。
DSは総銀製なので加工しやすいので、金属加工の面ではEXより手間がかかりません。
では、価格差はどこにあるのでしょうか?

EXよりも47万円も高いDSですが、その価格差はタンポの調製精度に注がれているところから生じていると言えるでしょう。
(DSのハードケースは表面が本革製なので、合成皮革のケースより1万円ほど高くなります)


調整時間の多くがDSのほうに注がれるので、
手間を掛けたDSの方が鳴りがいいのは当たり前です。
そして鳴りがいいのでDSを手放す人はあまりいません。
鳴りとレスポンスを求める人は、新品購入なら、DS一択でしょう。

ところで、メカニズム的にはDSもEXも同じですので、EXの調製精度を高めれば、

鳴りはDS並かそれ以上の鳴りになり得るのです。(以下を参照)

 

http://フルート工房レスポンス.net/youginsei.htm

当方がDS並に鳴るEXに言及することがありますが、
これは時間をかけて調製精度を高めたEXの場合にあてはまります。
時間をかけて良心的に調製すれば、
EXは激変します。
皆さんにそのようなEXを体験していただきたいと思います。

ところで、DSが良く鳴るなら、SRや金製フルートなどのフラグシップモデルのレスポンスはどうですか。
実は、価格が高額な分、調整にも時間が費やされますので鳴りとレスポンスはさらに良くなると期待できます。
(ただ、楽器には当たり外れがあります。高額なフルートで鳴らない楽器を修理する機会はよくあります)

 戻る