ブリチアルディキイ(左親指のキイ)が固着しやすいのはなぜか?

当方で行うフルート修理において、毎年、このキイの固着を経験しています。
固着といってもキイが動かないわけではありません。キイの回転軸にある芯金がさび付いているため、ステンレスの芯金を取り出して行う分解ができないのです。(ステンレスも多少錆びます)

芯金を分解できないとタンポ交換はできませんので、深刻です。

実は、この芯金だけは垂直方向についているためか、余分の油は下方に向い、早めに油切れ状態を起こすのです。(油は、その粘性や毛管現象によりパイプの中にとどまりますが、パイプと芯金のガタができると油切れを起こしやすくなるようです)
ですから、このキイの注油は忘れずに行ないましょう。
キイの固着